汐汲浜

安寿姫が1日に三荷の塩水を汲みに来たという浜は、現在の、丹後由良の一番北にあります。大宝元年(701年)3月の大地震までは、由良川の河口は、ここにあったと伝えられています。
また伝説の地だけでなく小説でも三島 由紀夫の金閣寺に、由良の海が重要なポイントとして出てきます。
また白い砂浜と雄大な岩場が丹後由良海水浴場の特徴です。

由良川 鉄橋

舞鶴方面から来られると、由良川沿いを走る 国道178号線で、最初に目に着くのが、この鉄橋です。丹後由良のシンボルと言ってもいいでしょう。
大正13年4月に竣工された丹後由良駅から、丹後神崎駅の間の由良川を渡るKTR 北近畿鉄道の由良川鉄橋(全長552m)です。ここを通過すると、由良の海岸です。

安寿の里 もみじ公園

国道沿いの石浦地区に安寿の里 もみじ公園があります。 森 鴎外の有名な安寿と厨子王の物語で有名な丹後由良。ストリーは、無実の罪で築紫に流された父を追う途中、人買にだまされて、母は土佐へ、幼い姉弟は、この丹後由良の長者 山椒 太夫に売りとばされてしまうという悲しい物語。
魔の手から逃れようとした厨子王は、京にのぼり、安寿は弟を逃がしたことから、責められて、非業の最期を遂げる。

由良みかん狩り

由良 石浦地区では、秋深まる頃、由良特産のみかん狩りが楽しめます。
また国道沿いの上石浦では、由良みかんを直売しています。
みんな買ってね。

安寿足湯と健康サロン

平成24年4月3日 安寿足湯と健康サロンが大正ロマンレトロ調にリニーアルオープンしました。
足場の利用時間は、毎週 水・木・金・土・日曜午前10時〜午後4時まで。
場所 丹後由良駅前通り 由良診療所斜め前

このページのトップへ