海上自衛隊舞鶴地方隊  展示訓練2014   

2014年7月25日に実施されました海上自衛隊舞鶴地方隊 展示訓練の様子です。舞鶴地方隊は約3,800名の隊員の方が所属されているそうです。国防の為また戦争を起こされない抑止力として日々訓練に励んでおられる海上自衛隊員さん、また震災などの自然災害や救援・救出活動など日本のあらゆる事態に機敏に対応されている隊員の皆様に感謝・感謝。しかし隊員の皆さんはやっぱり全員スリムで私のようにお腹の出てる人はいませんでした。

海上自衛隊舞鶴地方隊  展示訓練2014  動画      

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

展示訓練 2014 画像          アコーディオンで各ページが開きます 

 護衛艦 みょうこう「イージス艦」 乗艦の様子。 ちなみに「みょうこう 」は約1,200億円するそうです。
 このダグボートで みょうこう が離岸します。 いよいよ出航です。 ワクワクしますね。
 海上自衛隊員音楽隊のみなさんが、手を振って見送ってくれました。 いってきまーす。
 舞鶴湾 出入り口付近。湾口の幅は約700メートルと とても狭いのが舞鶴湾の特徴です。
 舞鶴湾の先端 金ケ岬です。陸からはここまで来れません。
 みょうこう 前方司令塔、前方のSPYレーダーがすごいですね。 とても 凛 としてます。
 冠島・沓島を横切って 福井県沖の若狭湾へ向かいます。
 みょうこう 前方にある54口径127mm速射砲 とても機敏に動きます。最大で毎分40発発射できる。
 速射砲 砲弾 重さ32キロもあります 最大24キロ先まで飛びます。舞鶴から由良まで位の距離ですね。
 みょうこう 前部VLS 垂直発射装置。 イージス艦ならではの装置ですね。 前方29セル
 みょうこう 後部VLS 垂直発射装置。 後部61セル こちらの方が発射管が多いですね。
 みょうこう 前方 20mm機関砲。   1分間に約4,500発撃てるそうです。   動画をご覧ください
 みょうこう 機関操縦室。 ここでエンジン周りの出力を操作するそうです。
 みょうこう 監視制御盤。
 みょうこう 指令室 操舵室。 ここで指令と舵をとります。
 みょうこう 指令室。 艦長はここにおられます。
 みょうこう 指令室から側面です。後方建造物は、後方レーダーがよく通るように小さくなってます
 観閲式のために こちらも一列に編隊を組みます。今回 みょうこうには舞鶴総監が乗船。指揮艦です。
 展示訓練の最初 観閲式 双方の編隊が1列になってすれ違います。 各艦が整列して総監に敬礼。
 多用途支援艦 「ひうち」  
 補給艦 「ましゅう」      とても大きな艦です。
 特別ゲスト 海上保安庁 高速特殊警備艇 「ほたか」
 哨戒へり SH-60Kの編隊飛行。 3機が飛んできました。
 哨戒機 P−3C 今日は厚木から飛んできたそうです。 
 潜水艦が浮上して走行しています どの潜水艦なのかは秘密事項ということです。 動画をご覧ください
 哨戒へりがミサイル攻撃をかわすための誘導熱源を発射しました。 
 哨戒ヘリの救難訓練。
 ミサイル艇が高速で近づいてきます。
 ミサイル艇がIRニコル(これもミサイル攻撃をかわすためのもの)を発射しました。
 すごいスピードで、特別機動船が近づいてきました。  この船で青森まで行けるそうです。
 護衛艦 「しらね」が祝砲を打ちました。 すごい音でした。               動画をご覧ください。
 展示訓練 終了 各護衛艦が一列に編隊を組んでいます。
 きれいに編隊を組んで一列になって舞鶴港へ戻ります。
 しらね の雄姿
 舞鶴湾に帰ってきました。
 またこのダグボートで、みょうこうを着岸させます。 海上自衛隊音楽隊の演奏が迎えてくれます。
 みょうこうから下船しました。 とっても充実感がありましたが、すごく日焼けしてしまいました。 アハ
 とても貴重な体験をさせていただき、海上自衛隊の皆様 本当にありがとうございました。

flashメニューを表示するにはjavascriptをONにしてご覧ください

このページのトップへ